災害時に役立つものとは
長期保存水 5年保存 2L×12本(6本×2ケース) サーフビバレッジ 防災/災害用/非常用備蓄水 2000ml ミネラルウォーター 軟水 ペットボトル

長期保存水 5年保存 2L×12
本(6本×2ケース) サーフ…

\2,043(税込)

マイルドでさわやかなナチュラルミネラルウォーターです。 硬度50度の軟水で、飲みやすく、お料理にも適しています。 ぜひ、ご家庭でお試しください。■ミネラルバランス味を良くする成分のひとつにミネラルがあります。また、硬度の成分であるカルシウム、マグネシウムをはじ…

拡大画像を見る
長期保存水 5年保存 2L×12本(6本×2ケース) サーフビバレッジ 防災/災害用/非常用備蓄水 2000ml ミネラルウォーター 軟水 ペットボトル長期保存水 5年保存 2L×12本(6本×2ケース) サーフビバレッジ 防災/災害用/非常用備蓄水 2000ml ミネラルウォーター 軟水 ペットボトルをカートに入れる

災害時に役立つものとは

毎年のように日本では災害が発生しています。
1度だけではなく何度も災害を経験した人もいるでしょう。
そのような災害時に必要なものは何なのかを考えるためには、災害の経験は重要な情報源となります。
自分が災害に遭った時に、役に立ったものが必要なものと言えます。

 

もちろん、本当に必要なものは人によって異なりますから、最大公約数的な選定になることは避けられません。
そこで、自分が必要なものは自分で準備しておくことが大切になります。
いつ災害が発生するかを予想することは簡単ではありません。
家族で常日頃から話し合っておくことをおすすめします。

 

特に高齢者がいる家庭では、避難するタイミングの判断が生死を分ける可能性も少なくないでしょう。
これまでの水害で亡くなられた高齢者の多くは避難できなかったためです。
健常者でも避難しなければ生命の危険が及びますが、高齢者は自分で避難することが難しいはずです。

 

災害時に役立つものを考えておくことは、そのまま災害に対する心構えを作ることになります。
どのよう災害が発生したら、自分はどうすればいいのか。
その時に、必要なものは何かを考えましょう。

 

災害が発生した時にどこにいるかによって、必要なものは変わってきます。
いろいろなパターンを考えることが大切です。
どのような状況でも避難するために必要なものは想定できます。

 

例えばヘルメット、手袋、雨具などです。
リュックタイプの非常持ち出しグッズとヘルメットを準備しておけば、すぐに避難できるはずです。
もちろん、置き場所を家族で共有しておくことを忘れてはいけません。

 

家族全員分のヘルメットの準備はできないかもしれませんが、自分と家族の命を守るためにできることをやっておかなければなりません。
平穏な毎日がいつ途絶えてしまうかは、誰にも予想できませんが、災害時に必要なものを準備しておくことがリスクを下げることは間違いないでしょう。
また、その気持ちを常に持っておくことも大切です。

 

災害は忘れたころにやってくると言う言葉がある通りです。
自分が経験していないから、あなたが災害に遭う確率は高くなっていると見ることもできるでしょう。
備えあれば患いなしの気持ちで準備しておきましょう。



トップへ戻る